So-net無料ブログ作成
検索選択

自転車危険運転14項目はこれ!14歳以上3年以内に2度摘発で講習 [ニュース]

 本日、2015年6月1日から改正道路交通法が一部施行される。


これにより、自転車の交通ルール違反の罰則が強化へ。違反すると安全講習の受講が義務づけられる。その条件を解説しよう。
 

スポンサーリンク



罰則強化で課せられる講習の条件と内容、受講料は?


polis.jpg

 端的にまとめると「自転車の運転で危険な行為とされる14項目に当てはまり、違反切符による取り締まりを受けた場合」+「交通事故」を3年以内に2回行った場合、安全講習を受けなければならなくなる。対象は14歳以上のすべての人だ。


 講習には受講料が発生する。金額はいくらかというと、5700円だ。決して安くはない。さらに受講時間は3時間にもなるそうだ。これが嫌だからといって受講の命令を無視した場合は5万円以下の罰金が課せられる。
スポンサーリンク

14項目はこれだ!しっかり把握し安全運転に努めよう



 14項目を要約すると以下のとおり。
  1. (信号機の信号等に従う義務)の規定に違反する行為
    =自転車で信号無視をするな


  2. (通行の禁止等)第一項の規定に違反する行為
    =通行禁止の場所は守れ


  3. (歩行者用道路を通行する車両の義務)の規定に違反する行為
    =歩行者用道路で歩行者の安全を怠るな


  4. (通行区分)第一項、第四項又は第六項の規定に違反する行為
    =通行区分の無視。車と逆方向を向いて走ってはならない


  5. (軽車両の路側帯通行)第二項の規定に違反する行為
    =路側帯で歩行者のさまたげになってはいけない


  6. (踏切の通過)第二項の規定に違反する行為
    =踏切での無理な横断はだめ


  7. (交差点における他の車両等との関係等)の規定に違反する行為
    =交差点で他の車両の邪魔をするな


  8. (交差点における他の車両等との関係等)の規定に違反する行為
    =交差点で他の車両の進路を妨害するな


  9. (環状交差点における他の車両等との関係等)の規定に違反する行為
    =環状交差点で他の車両を妨害するな


  10. (指定場所における一時停止)の規定に違反する行為
    =一時停止無視はだめ


  11. (普通自転車の歩道通行)第二項の規定に違反する行為
    =歩道の通行方法の無視はだめ


  12. (自転車の制動装置等)第一項の規定に違反する行為
    =ブレーキが正常に備わったもの以外はだめ


  13. (酒気帯び運転等の禁止)第一項の規定に違反する行為
    =飲酒運転は論外


  14. (安全運転の義務)の規定に違反する行為
    =全般的な安全運転義務を守ろう


 これに「交通事故」を加えた14+1が対象となる。


 マナーのなっていない人は非常に多い。スマホを見ながらの運転など言語道断。事実、事故はかなりたくさん起こっており、損害賠償問題に発展することも多いぐらいだ。


 音楽を聞きながらの運転も14番目の項目に該当する可能性がある。気をつけるべきだろう。個人的にもやめていただきたい。


 米国のケリー国務長官も事故で骨折したのだとか。自分自身も含め、運転の機会がある方はしっかり気をつけよう。

スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © 考論 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。